ワンルームリフォームとリノベーションの費用の削減

公開日: : 最終更新日:2015/03/20 ワンルームマンション投資の経費と利回り

スポンサーリンク

 

 

ワンルームのリフォームやリノベーション費用は本当に頭を悩まします。

昔は、敷金や礼金をある程度ご入居者様から頂くことができました。

現状回復費という名目で、余分にお金を請求することもできました。

しかし、今はそんなことはできません。

そうすると、よりリフォームやリノベーションの費用がシビアになります。

 

 

どうすれば、費用を削減できるのでしょうか?

 

リフォームはリノベーションと違い、業者の提案などを全て無視して

クリーニングのみで材料費のかかる余計な工事を抑えることで、

ある程度抑えることができます。

 

ただ、リノベーションのような大がかりな工事が入る場合は

かなり気を付ける必要があります。

 

筆者自身は、かけた費用に対して見返りが望めない

ワンルームマンションのリノベーションは絶対にお勧めしません。

しかし、どうしてもいうならば、以下の点に気を付けてください。

 

1.一方的な値下げ要求は質の低下を招くのでやめる。

2.材料費・人件費を下げることに集中する。

3.設計、施工、流通を区分けする。

4.コストを下げる設計を目指す。(お金のかかるところで凝らない)

5.専門家に上手に任せる。

6.契約前に未確認事項を残さない。

 

実際にワンルームのリノベーションは、区割りが決まっているので

内装にお金をかけるケースが多くなると思います。

 

その際は、デザインと機能性をバランスよくオーダーする必要があります。

特に古い物件は、結露対策が甘い事もあるので、

工事の際に結露対策など基本的な機能性の向上が

必要になるケースが多いです。

これらは、オーダーしなければ実現できません。

 

デザイン優先は分かりますが、ご入居後のトラブル回避のためにも

必要な機能について洗い出しが必要です。

 

 

このテーマはもう少し続けます。

 

 

 

スポンサー リンク

関連記事

img34

ワンルームマンション投資。管理会社の変更(3):管理会社変更のプロセス①

    さて、マンションオーナーにとって、「管理会社を変える」作業は大き

記事を読む

月/戸当たりの修繕積立金

ワンルームマンション投資。長期修繕費計画

  ワンルームマンション投資で気を付けるべきこと。 それは、長期投資がうまく回るか

記事を読む

img14

ワンルームマンション投資。オーナー向けの火災保険

    ワンルームマンションの区分所有者が火災保険に入る必要があるのか?

記事を読む

img01

ワンルームマンション投資事例。エアコン補修工事費

    ワンルームマンションよりも広い1LDK.60平米弱の物件の事例で

記事を読む

img01

ワンルームマンション投資事例。管理費の内訳

    ワンルームマンション投資では、マンション全体として適正な管理費

記事を読む

img14

ワンルームマンションの火災保険

    ワンルームマンション購入後には、火災保険に入ることをお勧め致しま

記事を読む

img01

ワンルームマンションの利回り

    ワンルームマンションの購入時に利回りの計算をします。 &nbs

記事を読む

img01

ワンルームマンション投資。管理会社の変更(2):現状を知る

    ワンルームマンション投資で利回りにインパクトを与える管理費・修繕

記事を読む

マンション管理業者数等の推移

ワンルームマンション投資。管理業者の状況

    ワンルームマンションに限らず、マンション管理は今後大きな問題にな

記事を読む

img01

ワンルームマンション投資。修繕積立金に注意

  ワンルームマンション投資にかかる費用として 管理費の他に修繕積立費もあります。

記事を読む

スポンサー リンク

スポンサー リンク

20180413
首都圏における中古マンションの成約状況の推移

久しぶりの更新です。ここ最近不動産投資で大きな失敗をする人が増えている

%e5%9c%b0%e4%be%a1
2016年10月今ワンルームマンション投資をするべきか?

多くの方から質問を受けます。「今、ワンルームマンション投資をするべきか

img34
ワンルームマンション投資。失敗する人

 ワンルームマンション投資の初心者は、3つの層に分かれている

img30
好景気時のワンルームマンション投資

    好景気時のワンルームマンション投資

日経平均1980-2015
ワンルームマンション投資。2015年の株価推移から考える

  ワンルームマンション投資を今どのように考えるべきか

→もっと見る

PAGE TOP ↑