ワンルームマンション投資の経費(ローン手数料を含む場合)

公開日: : 最終更新日:2015/03/20 ワンルームマンション投資の経費と利回り

スポンサーリンク

 

 

ワンルームマンション投資には多くのウソがあります。

本当にこれで利益が出るのか?

本当に人が入るのか?

広告を見ながら疑問に思うことが非常に多いです。

 

ワンルームマンション投資を始める人は

物件価格以外にどれだけ費用がかかるか

分かっているのでしょうか?

 

 

 

以前の記事で、ワンルームマンション投資の経費について

ご説明しました。

ワンルームマンションの購入費用

 

 

上記で細かい購入費用の内訳を説明していますが、

上記の記事にないものがあります。

それが、「ローンを組むための費用」です。

 

例えば、不動産投資ローンに積極的なオリックス銀行を例にとります。

金利以外の取扱事務手数料として以下の金額がかかります。

 

お借入金額の1.05%(消費税込み)の取扱事務手数料。

ただし、この金額が105,000円(消費税込み)に満たない場合、

取扱事務手数料は105,000円(消費税込み)となります。

つまり、1000万円の以下の融資ならば、

10万5千円。それ以上ならば、融資額の1.05%です。

 

更に、取扱事務手数料のほかに、お借入対象不動産の調査・

立ち会いに伴い担当者が出張を行う場合には、

お申し込みされる拠点として、出張地までの所定の出張手数料。

ただし、出張が複数回にわたる場合でも、出張手数料は1回分のみ。

首都圏以外の人が、首都圏の物件を購入する場合は、

目安として5万円~7万円余分にかかります。

 

合計で、少なくて10万円。

地方の人が現地のオリックス銀行の窓口で融資を受けると

出張費で、プラス五万円強です。

 

まとめてみましょう。 

通常、1000万円の物件を購入する際には、

頭金として、100万円。

更に仲介料として、38万円。

登記費用として、21万円。(もっと、交渉して安く出来ますが・・・)

不動産取得税として、10万円(物件によります。)

固定資産税(購入年の分)、5万円(購入時期・物件によります。)

 

これに、ローンの手数料として、10万円。

手数料だけで、85万円!!

これは、物件の支払い以外です。

なんと、1000万円の物件があっという間に1割値上がりです。

 

こんな投資は戦略無しで利益が出るわけがありません。

十分勉強してください。

スポンサー リンク

関連記事

ワンルームマンション投資事例。エアコン補修工事費

    ワンルームマンションよりも広い1LDK.60平米弱の物件の事例で

記事を読む

ワンルームマンションのリフォーム相場の比較(1)

    ワンルームマンション投資において 入居者が出られた後のリフォー

記事を読む

ワンルームマンションの利回り

    ワンルームマンションの購入時に利回りの計算をします。 &nbs

記事を読む

ワンルームリフォームとリノベーションの費用の削減

    ワンルームのリフォームやリノベーション費用は本当に頭を悩まします

記事を読む

ワンルームマンションのリフォーム相場の比較(2)

    ワンルームのリフォームについて非常にご関心が高いとの 反響を頂

記事を読む

ワンルームマンション投資。管理会社の変更(1)

    ワンルームマンション投資で利回りに大きな影響を与える 管理費の

記事を読む

ワンルームマンション投資事例。管理費の内訳

    ワンルームマンション投資では、マンション全体として適正な管理費

記事を読む

ワンルームマンションのリフォーム相場の比較(3)

    実は、最初にリフォームをお願いした際(ワンルームマンションのリフ

記事を読む

ワンルームマンション投資。エレベータ機械室換気扇交換工事

    ワンルームマンションで実施された エレベータ機械室換気扇交換工

記事を読む

登記費用の節約

    以下は、都内の1000万円程度のワンルームマンションの登記費用の

記事を読む

スポンサー リンク

スポンサー リンク

首都圏における中古マンションの成約状況の推移

久しぶりの更新です。ここ最近不動産投資で大きな失敗をする人が増えている

2016年10月今ワンルームマンション投資をするべきか?

多くの方から質問を受けます。「今、ワンルームマンション投資をするべきか

ワンルームマンション投資。失敗する人

 ワンルームマンション投資の初心者は、3つの層に分かれている

好景気時のワンルームマンション投資

    好景気時のワンルームマンション投資

ワンルームマンション投資。2015年の株価推移から考える

  ワンルームマンション投資を今どのように考えるべきか

→もっと見る

PAGE TOP ↑