ワンルームマンション投資。複利と言うから分からなくなる

公開日: : 最終更新日:2015/03/20 成功するワンルームマンション投資術

スポンサーリンク

 

 

ワンルームマンション投資で

複利が働くからあっという間にお金持ちになれます!

例えば、1000万円を10年間10%の複利で運用すると2500万円になります!

こんなのに騙されてはいけません!

 

 

確かにこのブログでもワンルームマンション投資で成功するためには

複利の原理を利用することが重要と書きました。

しかし、それは上記のような厳密な意味で複利が働くという

意味ではありません!

 

そもそも、10%が複利でまわるなどということは

ワンルームマンション投資で有りえません。

そもそも、10年間切れ目なく複利が働くことも有りえません。

 

ワンルームマンションをローンで購入する際に

ローンを繰り上げ返済すると複利が働いて

もともと払う利息よりも少なくなります。

これは、確かに複利です。

 

しかし、これは儲かる複利というよりも

もともと複利で余分に払うことになった利子が

少し減ったに過ぎません。

 

家賃を次の物件の購入に利用したとしても

純粋にそれが複利として働いているわけではありません。

 

少し数学が分かる人ならば、ワンルームマンション投資で

純粋に複利が働いていないことは分かります。

 

お金を貯めてから購入するよりもローンでいいので

早く購入するほうが早く無借金の物件が手に入れられる

可能性があるのは複利とは関係有りません。

 

これは、物件購入はお金の収入口を増やすことなので、

単純に収入口が多い方が、早く無借金の物件を手に入れられる

可能性があるに過ぎません。

 

さらに、これは可能性です。

 

もし、物件を購入して、その物件が毎月を赤字をだしているとします。

計算上は赤字を出していても、お金を貯めて物件を購入するよりも

早く無借金の物件を手に入れられるとなります。

 

しかし、これは他の条件を全て無視しての机上の空論です。

騙されてはいけません。

 

筆者は、きちんと対策されれば、借金をして物件を購入することを

むしろ奨励します。

だめなのは、良く分からないまま複利が働く、急いだ方がもうかると

だまされて購入することです。

 

良く勉強してください。

スポンサー リンク

関連記事

ワンルームマンション投資。契約後の解約

    ワンルームマンション投資で申込み段階ではいつでも解約できます。

記事を読む

ワンルームマンション投資。新築購入での失敗の挽回方法

    新築ワンルームマンションを購入し、気づくと毎月赤字なっている。

記事を読む

ワンルームマンション投資の失敗。物件選び

    ワンルームマンション投資で何を失敗するか。 未来に関する見通し

記事を読む

ワンルームマンション投資に今始めるべきか?

    前回も既にワンルームマンション投資を始めている人向けに「今買い時

記事を読む

ワンルームマンション投資。新築購入での失敗の挽回方法(4)

    新築の挽回方法の一つは、コストの見直しです。 現在、別建てで管

記事を読む

ワンルームマンション投資。最寄り駅までの近さ

    ワンルームマンション投資で気を付けるべき立地について。 &nb

記事を読む

投資用ワンルームマンションの情報収集方法

    ワンルームマンション投資で情報を集めるのは、インターネットが非常

記事を読む

ワンルームマンション投資。複利を利用して幸せに

    ワンルームマンション投資が幸せな投資となるのか? 筆者の予想以

記事を読む

ワンルームマンション投資ではお金持ちにはなれない?

    ワンルームマンション投資の情報をご提供している関係で いろいろ

記事を読む

ワンルームマンション投資。失敗する人

 ワンルームマンション投資の初心者は、3つの層に分かれているようです。一つは、ワンルームマ

記事を読む

スポンサー リンク

スポンサー リンク

首都圏における中古マンションの成約状況の推移

久しぶりの更新です。ここ最近不動産投資で大きな失敗をする人が増えている

2016年10月今ワンルームマンション投資をするべきか?

多くの方から質問を受けます。「今、ワンルームマンション投資をするべきか

ワンルームマンション投資。失敗する人

 ワンルームマンション投資の初心者は、3つの層に分かれている

好景気時のワンルームマンション投資

    好景気時のワンルームマンション投資

ワンルームマンション投資。2015年の株価推移から考える

  ワンルームマンション投資を今どのように考えるべきか

→もっと見る

PAGE TOP ↑