ワンルームマンション投資。申込後のキャンセル

公開日: : 最終更新日:2015/03/11 成功するワンルームマンション投資術

スポンサーリンク

 

 

ワンルームマンション投資を始めようとして良い物件を見つけた!

早速不動産屋に行って申込書を書いたが、再考の結果キャンセルをしたい! そんな時は?

 

 帰宅後に良く考えたら、もっと良い物件もある。

更に、いろいろ調べたら思ったよりも物件価格が高い!

お客様を付けるのも結構苦労しそうな駅だ!

これは、やめるしかない!

でも、不動産業者に申込書があるので、今さらキャンセルができないと言われた!

 

また、別のケースでは、申込みの際に手付金として10万円を払った。

キャンセルしようとしたら、口約束でも契約が成立しているので

もうキャンセルできません。

もし、キャンセルするならばキャンセル料が別途かかると言われた!

 

こんなケースをたびたび耳にすることがあります。

 

結論から言います。

契約前の申込みの段階では、無条件でキャンセルが出来ます。

2つ目のケースである10万円も無条件で返ってきます。

 

不動産業者は、ユーザーの無知に付け込んで

申込みのキャンセルができないと

ウソを言うケースが後を絶ちません。

 

もし、キャンセルや返金を拒むようであれば、

地域の消費者生活センターや都道府県の紛争相談窓口、

弁護士に相談しましょう。

 

ただし、契約書に記名・捺印をした場合は

キャンセルが出来ません。

この場合は、キャンセルの際に手付金を

放棄する必要があります。

 

いずれにしても申込みだけで契約をしていないならば

いつでもキャンセルができます。

騙されないようにしてください。

 

特に、ワンルームマンション投資の失敗で見られる例は

セミナーなどに出席してその場の勢いで

そこで紹介されている物件に申し込んでしまうケースです。

 

本人は、セミナーで勉強した結果申し込んでいるつもりですが、

実際はその場の雰囲気に流されて、必要な客観的データを

見ることなしに決めているケースがほとんどです。

 

良くあるのが、物件のある地域の状況。

建物の状況。

現在入居している人のレントロールなど。

 

実際に物件を購入する前に確認するべきことは

いっぱいあります。

このブログでも多くの確認事項をご説明しています。

 

 

くれぐれも早まった購入の無いようににお願いします!

 

 

 

スポンサー リンク

関連記事

40代のサラリーマンのワンルームマンション投資とは

    このサイトは、ワンルームマンション投資の解説のためのサイトとせず

記事を読む

ワンルームマンション投資。複利と言うから分からなくなる

    ワンルームマンション投資で 複利が働くからあっという間にお金持

記事を読む

株の利益をワンルームマンション投資に回すと失敗する!

    アベノミクスでまとまった現金収入を得た人は多いと思います。 そ

記事を読む

投資用ワンルームマンションの情報収集方法

    ワンルームマンション投資で情報を集めるのは、インターネットが非常

記事を読む

ワンルームマンション投資。新築購入での失敗の挽回方法(2)

    新築ワンルームマンション投資で毎月キャッシュフローが マイナス

記事を読む

ワンルームマンション投資。複利の威力

    前回の記事では、複利の説明があいまいでした。 もう少し説明を続

記事を読む

投資の善し悪しとは?その2

    良い投資とは、プラン(計画)出来ること。 つまり、時間軸で確か

記事を読む

新築ワンルームマンション投資の家賃保証

    ローンを使ってワンルームマンション投資を考えているならば、 中

記事を読む

ワンルームマンション投資。広さに注意!

    ワンルームマンション投資で物件を見極める際に広さにも注目してくだ

記事を読む

好景気時のワンルームマンション投資

    好景気時のワンルームマンション投資をどう考えるべきでしょうか?

記事を読む

スポンサー リンク

スポンサー リンク

首都圏における中古マンションの成約状況の推移

久しぶりの更新です。ここ最近不動産投資で大きな失敗をする人が増えている

2016年10月今ワンルームマンション投資をするべきか?

多くの方から質問を受けます。「今、ワンルームマンション投資をするべきか

ワンルームマンション投資。失敗する人

 ワンルームマンション投資の初心者は、3つの層に分かれている

好景気時のワンルームマンション投資

    好景気時のワンルームマンション投資

ワンルームマンション投資。2015年の株価推移から考える

  ワンルームマンション投資を今どのように考えるべきか

→もっと見る

PAGE TOP ↑